しずかなアンテナ

哲学の瓦礫片を毎日1000字くらいで書く。

スチール本棚を買った

 いまのワンルームに引っ越して一年余、本棚無しで研究生活を送ってきた。

 現在、書籍は段ボール箱などに入れて保管している。数えてみたら、引っ越し時に詰めた段ボール箱7つ、ニトリで購入した整理用の段ボール箱が大サイズ中サイズ2つずつ、計11個箱に分散していた。これらに加えて、目下使用中の書籍を床に平積みしている。埃が積もるし、崩落の危険が大きい。置いているだけで傷んでゆくという、本にとってはたいへん申し訳ない状況だった。書類の整理もできていない状態。

 

 本棚を買わなくちゃとずっと思っていた。しかし、アマゾンやニトリを眺めていても、基本的に木製の本棚しかない。木製がダメというのではないけれど、アマゾンにあるような本棚は基本的にインテリア面が重視されていて、収納力に不満がある。棚板とかが「分厚い」のだ。

 もっとシンプルな、がちっとした、図書館や研究室で使われている金属の本棚が欲しい。これはどこに売っているのだ、という話を研究室で先輩としていた。

 

 そしたら、売っていた。

 

www.steeltana.com

 

 そのまんまやんけ、というサイト名。すばらしい。いろいろ探して、この高さ1920mm、横幅940mm、奥行き260mmのものを注文した。送料込みで28000円ちょっと。なお、組み立ても依賴すると追加費用が発生する。

www.steeltana.com

 

 到着したら続報等を載せまする。なお上記リンクはアフィとかではない。