現実の隣の隣

 現実とは何か、ということが、わかっているようで、わからない。

 

 そもそも、「現実」ということばを知っているということは、「現実でないもの」との対比において現実を知っているということである。現実でないものとは、夢とか、妄想とか、理念とか、勘違いとか、お伽話とか。

 

 「そんな夢のようなことばかり言ってないで、現実を見なさい」とか言う。こう言っているとき、現実とは、夢ではないものである。夢や妄想が現れて初めて、現実が現実として意識される。

 

 もし、人間が寝ても夢を見ず、妄想も起こさず、妙な想像に浸ってうっとりとすることもなかったなら、「現実」ということばは作られなかったんじゃないか。